読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者のための海外SEOブログ!

来年IT企業に入社する大学生が、海外のSEO記事翻訳等を中心にIT業界を探検します!

良いブログ記事のタイトルの付け方について調べてみた

f:id:kaigaiSEO:20170327093004j:plain

 ブログの記事のタイトルの付け方は、内容を端的に表すものが良いとも、読者に興味をそそらせるものが良いとも言われます。

  Webで公開するものは、一番最初にタイトルが目に入るわけですから、アクセス数を考えれば、内容と同じくらい大切なものでもありますよね。

 今回は、そんなブログ記事のタイトルの付け方の方法やコツを調べていきたいと思います。

ブログ記事タイトルの付け方のコツ

 それでは、ブログ記事のタイトルの付け方のコツについて調べていきましょう。

 「そんなの当たり前だ」と思うポイントもあると思いますが、私の経験上、こうした当たり前の知識をしっかりと意識していく事で考える時間が減り、作業スピードが大幅にアップします。

タイトルと内容の整合性が取れている

 もっとも基本といえるのがこれでしょう。

 この前のブログ記事でも書きましたが、タイトルを読んだユーザーが記事を読む事で自らの欲求を満たすことができるという有用性の部分に関わってきます。

 ブログタイトルをつける上では、一番優先するべきポイントでしょう。

この記事を読む事で得られる利益を明示する

 調査をしてみると、このタイトルの付け方を意識したブログは良い記事である確率が高いように感じます。  

 この記事タイトルは、どんな人に対して向けられた内容で、読むことで、どんな問題点を解決する事ができ、その結果どうなる事が出来るのかが明確かつ簡潔に記されています。

 「老けた印象」というワードを入れる事で、歯のケアに興味がない女性の方も引き込む事にも成功しています。

SEOのキーワードを入れる

 タイトルにSEOのキーワードを入れる事で、検索順位を上げたり、ユーザーにとっての有用性を高める為には重要です。

具体的な数字を入れる

 数字を入れる事で、具体性や信憑性を挙げる事ができます。

 この様に、内容の中で重要となるポイントの数を明示する事で、ユーザーにも読みやすくなると思います。

 個人的な意見ですが、「2つのポイント」だと内容が薄すぎるように感じますし、「6~10のポイント」だと多すぎるように感じます。

 後に"ポイント"とつけるなら、3,4あたりがベストではないでしょうか。

まとめ

 ブログタイトルは、なんとなくでも十分な場合もありますが、やはりしっかりとポイントを知っておくことで、良い付け方をする事ができると思います。

 こうしたポイントは、一見当たり前に思えるものが多いですが、理解しているのとしていないのでは、ライティングスキルに大きな差が出るので、しっかり頭に入れておくようにしましょう。